出来ないコードがあっても簡単に曲が弾ける4つの方法

 

ギターを始めた時、まず最初に、『簡単なコードを押さえよう!』といった情報を耳にして『C』『G』といったコードを押さえることにチャレンジした方は多いと思います。特に苦なく押さえられる方もいますが、

「あれっ?意外に難しいな」と感じる方も少なくありません。

また『C』や『G』は弾けるようになった、だけど『F』『Bm』といったセーハコードはちょっと苦手、、、という方も非常に多いです。

いずれにしろこういった時に試行錯誤して乗り越えていくことは非常に大事なことなのですが、ギターの楽しさを感じる前から壁にぶつかっていては、嫌になっちゃいますよね。

そんな方のために、こうすればちょっとラクに曲(コード進行)が弾けるようになるよ、という裏技をいくつかご紹介したいと思います。

 

続きを読む

ギターが全然うまく弾けない!その最大の理由とは?

ギターが弾きたいと思ってインターネットや教則本で情報を得ながら練習を始めたけど、

『思うように弾けない』

『そもそもギターってこんなに弾き辛いの?』

『自分には(手の大きさなど)合わないんじゃないか』

『ある程度弾けるようになってきたけど、ちゃんと弾けない』

と悩み戸惑う方は多いのではないかと思います。

今までたくさんの生徒さんを見てきて、初心者の方全員に共通して当てはまる、

『ギターが弾けない最大の理由』が明確になってきました。

ここに気付いた時、ギターって最初ほど大変な楽器だなあと改めて感じました。

過去にギターにチャレンジしたけど自分には合わないのかな、と感じている方にぜひ知ってほしい話です。

続きを読む

メジャースケールってなに?(ギターの指板から見る音楽理論①)

メジャースケール』とは、ギター学習者であればよく耳にするスケール(音階)であるかと思います。

またこの名称を聞いたことがなくとも、テレビや街中、ネットで流れる音楽のほとんどがこのスケールを基に作られています。

『メジャースケール』とは具体的になにか?

ギターの指板からじっくり解明していきますので、一緒に理解を深めていきましょう。

続きを読む

薬指と小指の苦手意識を克服する12パターントレーニング

弾きたい曲のコードやフレーズを練習していて、『指がくっついてしまう、開かない、速く動かない』などといった理由から壁にぶつかってしまうことは多々あるかと思います。

また動かしやすい指のみを優先的に使い、使用頻度の少ない指は演奏に必要な力が付きません。結局は弾けるフレーズ、出来ることが限られるといった状態に陥りがちです。

そういった事態をあらかじめ避ける為に準備運動としての基礎トレーニングを日々行っておきましょう。

楽器を使わないトレーニングはたくさんありますが、実際のギター演奏においての『指の独立・分離』が目的ですので、ここではギターを使い指の独立に効果的な『12パターントレーニング』をご紹介します。

続きを読む

アルペジオをマスターする為に必要な5つの練習

左手でコード(和音)を押さえ、右手で和音を分散させながら弾く奏法をアルペジオといいます。
アルペジオはコードがある程度押さえられるようになったらぜひ習得しておきたいテクニックの一つであり、右手をコントロールする訓練として大変有効なトレーニングになります。
また左手でしっかりコードを押さえないと綺麗に音が鳴らないのでアルペジオをマスターすれば演奏力が飛躍的に向上します。
アコギ演奏においては『スリーフィンガー』という右手親指人差し指中指の3本指のアルペジオがよく使われます。
ここではスリーフィンガーをマスターする為に最も効果的な5つの譜例をご紹介します。

続きを読む

ギターのFコードを簡単に押さえるための5つの方法

せっかくギターを始めたのだが、『F』というコードが難しくて挫折した、という話をよく耳にします。確かに他のコードに比べると押さえ方は大変に感じるかもしれません。

しかしいくつかコツを意識しながら何度も弾いていくことで、必ず弾けるようになります。

また『F』の押さえ方をそのまま他のフレットにずらすだけで、いろいろなコードを鳴らすことが可能になります。

ぜひ『F』をマスターし、たくさんの曲を弾けるようになりましょう!

続きを読む

アコースティックギターの弦交換・弦の選び方が全てわかる

ギターを弾いていたら、弦が切れてしまった。弦が黒ずんできたのでそろそろ交換したい、、、。

そんな方の為に弦の選び方、交換方法について解説します。

弦の巻き方も数種類存在しますが、ここでは初めて弦交換を行う方でも簡単に出来、最もチューニングが安定するやり方をご紹介します。エレキギターの弦交換にも共通した方法です。

続きを読む

120個のコードを効率良く覚える方法とは

『ギターのコードはいくつ覚えればいいんですか?』との質問をよく受けます。

『コード』というのは膨大な数あるので、全て覚えなければ曲が弾けないのでは?との印象があるようです。

しかし実際は『既に知っているコードを使って曲を弾く』のではなく、『曲に必要なコードを自分で導き出して弾く』のです。

自分で導き出すというと難しそうに聞こえますが、ギターの場合は一つの押さえ方を横にずらすだけで違うコードへと変換させることが出来るので、簡単に導き出すことが可能です。

コードを2つ知っていれば、そこから関連させてコードを10個容易に覚えることが出来ます。

また、10個コードを知っていれば応用させることで120ものコードを簡単に把握することが出来ます。

今記事でその方法論を学習し、自分の好きな曲のコード進行を弾いてみましょう。

続きを読む

確実にギターが上達する為にマスターすべき3つの練習

「ギターが弾ける」というのはどのような状態でしょうか。

「正しい弾き方を知っている」

ことが前提ですが、それに加え

右手を思うままにコントロールしている

左手を思うままにコントロールしている

この2点がどこまで出来ているか、が演奏のレベルと比例するといえるでしょう。

続きを読む

Top