確実にギターが上達する為にマスターすべき3つの練習

aa

「ギターが弾ける」というのはどのような状態でしょうか。

「正しい弾き方を知っている」

ことが前提ですが、それに加え

右手を思うままにコントロールしている

左手を思うままにコントロールしている

この2点がどこまで出来ているか、が演奏のレベルと比例するといえるでしょう。

「弾き方を知る」のは正しい情報に触れることで誰でもすぐ出来ますが、

「身体を思うままにコントロールする」ことは相応に時間と訓練が必要になります。

これがなかなか大変な部分でもありますが、

逆に言えば時間と訓練さえ積めば確実に上達する、ということです。

ギターを始めて間もない頃から右手と左手をコントロールする練習を重ねておくと、習得のスピードが断然早くなります。

今記事は初心者が確実に上達する為にマスターすべき練習フレーズについて解説します。

続きを読む

初心者の壁を越える最大のコツ

righthand

入門編として前記事『ギター初心者が最も弾きやすい曲とは』において、初心者でも気軽にチャレンジできるコードと曲について詳しく解説しました。

ギターの習得とはざっくり言うと、

  • 左手の動きを思うままにコントロールする』こと、
  • 右手の動きを思うままにコントロールする』こと、
  • 両手の動きをリンクさせる』こと、

この3点をとにかく追及することです。

今後弾きたいフレーズがあるがなかなか弾けないという場合は、上記3点のうちどれかまたは複数が不完全である、というのが基本的な要因です。(その他の要因としては、そもそも弾き方が間違っている、楽器が極端に弾き辛い状態になっている、などがあります。)

ギターを始めて間もない人は、上記3点においてまったくのゼロの状態からスタートするわけですから、全てが大変に感じてしまい、つまづきやすいのです。よってそのことを理解したうえで一点一点、

  1. 左手に意識を置いて練習する
  2. 右手に意識を置いて練習する
  3. 両手を合わせて練習する

という風に1~3を繰り返すことで少しずつ上達していきましょう。

上達に従って、練習が楽になっていきます。

前記事までで左手のフォームに集中して解説しましたので、今記事では右手ストロークのフォームや動きについて解説していきたいと思います。

続きを読む

ギター初心者が最も弾きやすい曲とは

guiu

前記事『ギター初心者が知っておくべき5つのこと』を読まれた方は正しい弦の押さえ方などを把握出来たことと思いますが、次のステップとして取り組むべきことは何でしょうか?

ギターにはコード(和音)弾きという、指で複数箇所押さえて複数の音を同時に鳴らす奏法があります。よく弾き語りの人などが歌いながらギターで弾いているような奏法です。

初心者の方はこのコード弾きをマスターすることがまず最初の大きな目標となります。しかしコードの種類は多く存在し、押さえ方が困難なものも多いので、どのコードから練習したら良いのか分からない人も多いと思います。

まずは前記事『ギター初心者が知っておくべき5つのこと』の正しい弦の押さえ方に注意しながら、コード弾きに慣れることが肝心です。

この記事では比較的簡単に押さえられるコードをいくつか紹介し、実際の曲に合わせて弾いてみましょう。

続きを読む

ギター初心者が知っておくべき5つのこと

ikik

ギターを始めようと思って楽器は手に入れたけど、まず何から始めたらいいのだろう。ギターはピアノのようにパッと見でドレミの位置が分かるような楽器ではありません。また、押せば鳴るという楽器でもありません。それ故どこをどう押さえたら良いのか、どういった練習をしていけば弾けるようになるのか分からないという方はとても多いと思います。

続きを読む

ブルーノート

dfgdf

アドリブ時にペンタトニックスケール単体のみを使うことはほぼ無く、ペンタトニックを使用するときはブルーノートを含めて弾く場合が多い。よってペンタトニックを覚える際にブルーノートも一緒に覚えてしまおう。


続きを読む

ペンタトニックスケール④

ab215483ba013d4838a3844841d6d21b_s

ペンタトニックスケールは、スライドやチョーキングを使うことによってギター特有のフレーズ、音色へと変化する。チョーキングはギターにとって特に強力な武器になるだろう。今回はペンタトニックスケールをチョーキングで繋いで練習してみよう。


続きを読む

ペンタトニックスケール③

32abeb07e4e564e63d4d421b40c84b87_s

ペンタトニックスケールの構成については前回学んだが、アドリブの時にスケールをただ上下往復させるだけではつまらない。実際の曲中にどのように応用させれば良いのだろうか。その為のペンタ・スケールの効率的な練習法について解説する。


続きを読む

ペンタトニックスケール②

25897902_32634

今回はマイナー・ペンタトニックスケールについて掘り下げてみる。Aマイナー・ペンタトニックスケールは、『A・C・D・E・G』という5音から構成されているが、左手の位置を移動させることなく6弦から1弦まで弾こうとすると大体5パターンの形がある。


続きを読む

ペンタトニックスケール①

881a3ffbbe6f085c303660d8b4a21b3b_s

RockやBluesなど、様々なジャンルで多く使われるスケール、ペンタトニックスケールについて。音数も少ないので、初めてスケールを学ぶ人にとっては導入しやすいスケールだ。またギターを弾く人は、メジャースケールよりも先にペンタトニックスケールを練習する人も多いのではないだろうか。今回はペンタトニックスケールの基本について触れる。


続きを読む

メジャースケールとマイナースケール

CAmajorscale-1

すべてのギターソロのフレーズは、なにかしらのスケール(音階)を使って作られている。
『音階』というのは、『ある音を起点として、1オクターブ上の同名の音に達するまで、特定の秩序(音程関係)にしたがって配列された音列』のことである。


続きを読む